カーシェア徹底活用宣言、現在3社入会中!

入会前の知識と準備でカーシェアの本領は発揮される!タイムズ退会経験者が考えるフル活用術を紹介。

*

どれくらいで特に?カーシェア、マイカー、レンタカーのコスト比較

      2014/10/22

車を利用する選択肢としてカーシェアの特徴を今まで説明してきましたが、「実際にどのくらい利用すればマイカーやレンタカーより得になるの?」というのは気になる所ですね。

ここでは、車の利用頻度を具体的に設定して、カーシェアとマイカーのコスト比較、及びカーシェアとレンタカーのコスト比較をやっていきたいと思います。

但し注意点として、それぞれの手段に便利な点・不便な点が存在しますので、コストだけで優劣が決まるわけではありません。その点は、人それぞれになりますので、自分の経済的な余裕や生活スタイルから判断しましょう。

290-1

 

 

カーシェア vs マイカー

まずは前提条件を整理します。

  • カーシェアとマイカーの1ヶ月当たりのコストで比較。
  • 最大手のタイムズカープラスを比較対象とする
  • 計算簡略化のため車の利用目的を以下の6つに限定(下の表①)
  • マイカーはヴィッツ・フィットなどの一般的なコンパクトカーで、購入後10年間使用する
  • ガソリン単価150円/リットル、実燃費15km/リットルと仮定
  • マイカーを保有するだけで発生する負担金額は下の表のとおり。あとは使用する距離に応じてガソリン代金のみ発生するものとする。(下の表②)

290 利用目的

290 マイカー費用

以上の前提のもとに、1ヶ月間の具体的な車の利用方法を以下のようなパターン①~⑥までとして、1ヶ月あたらいの負担金額を計算したものが下記になります。①から⑥のパターンは、数字がふえるほど車の利用頻度が高くなります。

290 カーシェアvsマイカー1

さらにこれをグラフにしたものが下です。

290 カーシェアvsマイカー2

結論としては、比較的頻繁に車を利用する方でない限りは、ほとんどの場合においてカーシェアの方が割安な結果となります。

パターン①からパターン⑤まではカーシェアが割安で、パターン⑥でやっとマイカーが逆転します。パターン⑥は、年間にすると20,000km以上の利用距離になりますので、かなりハードなユーザーです。

マイカーにおいては全く車を利用しない場合でも、月間の費用負担額が4万円を超えてくるのがそこが響いていますね。いわゆる固定費と言われる費用です。
(⇒「【タイプ⑥】節約のために家計を見直したい方」)

仮にマイカーにおける駐車場料金がタダの場合は、下のようなグラフになり、パターン⑤で逆転する事になります。

290 カーシェアvsマイカー3

上記の結果、コスト面では圧倒的にカーシェアに分があることが分かりましたが、マイカーはいつでも好き勝手に使えるという便利さがありますので、この点をどう捉えるかは個人の価値観によるところです。

 

カーシェアとレンタカー

次にレンタカーとのコスト比較をしてみます。

マイカーを購入するほど車を利用しないと判断した場合、次に比較すべき選択肢はレンタカーになるでしょう。一般的には、長時間の利用であればレンタカー有利と言われていますが、長時間とはどのくらいの時間なのでしょうか。

今回も前提条件を整理します。

  • カーシェアとレンタカーの1回あたりの利用コストで比較
  • カーシェア会社は最大手のタイムズカープラス、レンタカー会社は最大手のトヨタレンタカーを比較対象とする
  • レンタルする車はP1クラスのヴィッツとして、カーシェアと同条件になるように免責補償には加入する
  • レンタカーにおいて容易に適用可能な割引は適用(クレジット決済・トヨタレンタ楽ティブで10%割引)
  • ガソリン単価150円/リットル、実燃費15km/リットルと仮定

以上の前提において、買い物のような比較的移動距離の短いパターンと、旅行のような移動距離の長いパターンに分けてコストを分析してみました。

短距離移動の場合

290 カーシェアvsレンタカー1

290 カーシェアvsレンタカー2

6時間未満の短時間利用では圧倒的にカーシェアが有利です。

それもそのはず、レンタカーにおいては、6時間未満の使用においても、きっちり6時間分の料金が請求されてしまう場合が多いからです。

(さらに今回比較対象としたトヨタレンタカーのP1クラスでは、6時間料金も12時間料金も変わらないため、短時間での利用はますます馬鹿らしくなってしまいます。)

利用時間が6時間を超えてくると、両者の金額が拮抗してきます。8時間の利用でほぼ同額料金となり、9時間以上利用する場合はレンタカーが有利となります。

長距離移動の場合

290 カーシェアvsレンタカー3

290 カーシェアvsレンタカー4

ここでは最低でも200km以上の移動距離を想定しています。

長距離移動の場合、さきほどの短距離移動の場合に比べてさらにカーシェアの方がレンタカーよりも有利となります。

短距離移動では9時間の利用で両者のコストが逆転しましたが、長距離では12時間の利用でやっと同程度の金額になり、14時間利用してやっとレンタカーが有利になります。

この理由は、タイムズカープラスの料金体系において、ショートと6時間パックにおいて距離料金がかからないからです。カレコも同様の料金体系ですね。

ハッキリ言って、これはスゴイです。長距離をガンガン走れば走るほど、この「距離料金無料」の恩恵を受けることが出来ます。

290-2

レンタカーでは、走った分のガソリン料金を自分で負担しなければならないので、短時間のうちに長距離を移動する予定であれば、カーシェアは優位です。

14時間以上の利用時間であれば、終始レンタカーの方がコスト的には割安ですので、一泊旅行などの場合はレンタカーを選択すべきでしょう。

カーシェア会社では深夜の時間帯をナイトパックとして設定しており、激しく割安な金額で車をレンタルできますが、今回の例のように長距離のドライブをする場合には、意外にレンタカーとあまり差が出ません。

 - 徹底活用のための基礎知識

  関連記事

いくつ知ってる?カーシェアで得するための裏技&テクニック集

「無知」という理由で、本来得られたであろう利益を逃して、損をすることはよくありま …

驚くべき普及スピード!カーシェア制度の内容と将来性について

「カーシェアってお得なの?便利なの?」 まだ、利用したことのない方がこのように考 …

予約競争に勝つ!カーシェアで予約が取りやすくなるテクニック集

全てのサービスに共通することですが、「使いたい時に使えない」というのは、そのサー …

レンタカーは無くなる運命なのか?カーシェアとレンタカーの違い

カーシェアとレンタカーは、どちらも車を借りて利用する事ができるサービス内容ですが …

マイカーを売却した私が実感するカーシェア特有の4つのメリット

近年、カーシェア制度はものすごいスピードで拡がりを見せています。外出先でも至る所 …

月額料金はなぜかかる~車を利用する上で負担する費用の違いとは

一部の例外を除いて、カーシェアを利用するためには毎月の月額料金を負担しなければな …

”木を見て森を見ない”カーシェア情報サイトの罠

カーシェアについて解説しているサイトはネット上に星の数ほどあります。私もカーシェ …

フル活用してみて分かったカーシェアのデメリット、ベスト5

前回の記事でマイカー購入と比較した場合のカーシェアのメリットについて紹介しました …

カーシェアに向いている人・向いていない人~全10パターン

世間に広く普及し始めたカーシェア制度ですが、一旦会員になったものの、しばらくする …

入会をスムーズに進めるための簡単な準備(各社共通)

「せっかく入会手続きを始めたのに、途中で必要な資料が無い事に気づいて、今までの入 …